スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

出逢った頃(3) ファンレター

 (※出会った頃(1)出会った頃(2) の続きです)

 

その後もいろいろなミュージシャン(主にアメリカ人)を少しずつ聴いて、増尾さん以外にも好きだな~と思ったり、いいな~と思ったりするミュージシャンは増えていきました。けど、やっぱり増尾さんはその中でも特別でしたね。もちろん増尾さんが真に素晴らしいミュージシャンだからですが、それに加えて私の心情にぴったりくるものがあったということですね。彼の音楽性と人柄にすっかり引きつけられました。自分の生活や人生観にまでインスピレーションをもらって、心の中の閉塞感が取っ払われた感じ。心の中がスカッと晴れやかになりました。
それに、増尾さんは外見も若々しくてかっこよかった! 姿勢や身のこなしまで、都会育ちのアカ抜けた感じというのかな~ カッコつけてないけど カッコよかった ...完全なるミーハーです(笑)

 

で、どうしてもこの気持ちをご本人に伝えたくなって、ファンレターの宛先を音楽雑誌の質問コーナーに訊ねました。増尾さんを知った年('78)の秋のことでした。で、何故だかばくぜんと、私は日本の音楽事務所あたりにでも送ればいいようなつもりでいたんですけど、教えてもらったのはNew Yorkの住所。「え~?! アメリカに出すのかぁ~ (やっぱり)」…考えれば当然のことだけど(苦笑)。そりゃ、ご本人がアメリカにいるんだから、日本の事務所宛てじゃ読んでもらえるわけないよね。めったに日本に来ない人だしね。 わかっちゃいても、アメリカは自分の意識の中で遠かったようです。

11月の文化の日を含めた連休に、3日間かけて(笑)、ファンレターの文面を考えました。友だちに下書きを一通り読んでもらって微修正し、便箋に清書。小さめの便箋3枚に書いて、エアメールで出しました。

海外へ郵便を出すのは初めてではなかったんです。過去にアメリカのコロラド州デンバーに住む女の子と「ペンパル」として文通していたことがあったので。けど、New Yorkの住所にちゃんと届くだろうかと、ちょっと不安でしたね。投函してから2~3週間くらいの間は、届くかな~、読んでもらえるといいな~ などと、ときどき思い出していました。けど、届くかどうか、読んでもらえるかどうかなんて確認のしようがありません。きっと読んでもらえるよね?と ときどき思い出しながら、そのうち忘れていきました。

 

冬休み。
郵便受けを見ると ...

キャッ!
思わず声をあげてしまいました。封書に Masuo さんの名が!

そうだった。 忘れてた。 もうすっかり忘れてたよ

だって、
ま、まさかお返事なんて!!!

小躍りするように急いで自分の部屋に持って行き、丁寧に開封。なんとクリスマスカードでした。そしてそして、マネージャーさんによる代筆とかではなく、いかにもご本人の直筆ではないですか!! しかも、カードいっぱいに、Dear  (Kaco) さん で始まって何行にもわたって心のこもったメッセージが書いてあり 大大感激!!!
「返事がずいぶん遅くなってしまいました。ゴメンなさい(僕はすごい筆無精なんだ)」
とまで書いてあり、畏れ多くて申し訳ない。

 

なんて いい人、素敵な人!!!

さっそく、お礼のお手紙を書きました。ファンレターのお返事をいただけたことが いかに嬉しかったかを。

いただいたクリスマスカードはお宝としてずっと大切に保管しています。ただ、私自身がファンレターにいったいどんな文を書いて出したのか、その控えがないんですよね。おおまかな内容を覚えているだけです。下書きの紙をとっておけばよかった、と今は思うけれど、ずっととっておくにはたぶん我ながら拙文が恥ずかしかったんだと思います。

あ、たとえ下書きが保管してあって今見つかったとしても、ここに公開するような いさぎよさ は、私にゃないですから。(苦笑)

 (4) に続きます。

web拍手 by FC2

コメントの投稿

非公開コメント

RE:出逢った頃(3) ファンレター

 KompoZerにはコメントできない私ですが、この連載は本当に大好きです。
 わかります、わかります。 本来自分とは距離があるはずのアーティストと、ひょんな事から文通が始まった時の、郵便受けを見るあのドキドキ感。 今のメールとは違って、手書きだし時間はかかるし、でもその分、届いた頃かな、とか返事はどうかなとか、思いはたっぷり載せてましたよね。 (私もKさんとの出会いや文通を思い出しました。)
 増尾さんの手紙というと、Good Morning の中ジャケット(曲名や解説が載っている紙)に、その頃の近況を伝える手紙がありましたね。 便せんの下にピアノの鍵盤がデザインされていて、同じ便せんを探して文房具屋を何件か回った事も思い出しました。
 若かったなあ。我ながら。   とつき

Re^2:出逢った頃(3) ファンレター

とつき さま、
どうも、励ましありがとうございます。
Good Morning の中のあの封筒と便箋の写真のことですね!
あの封筒の写真から住所を読み取ってファンレターを
送ったファンもきっとたくさんいたことでしょう。
鍵盤のプリントされた便箋、私も探しました!(笑)
まったく同じじゃないにしても、そういう感じのデザイン
があったらほしいかな~ なんて思ってね(笑)
Kさんとの文通ですか、なるほど、わかります。
そんなふうに始まったのですね
いや~、でもこの記事に書いた私の最初のファンレターのときは、
お返事は期待しちゃいけないと思ってたので、
文通らしき感覚はまだ全然なかった時期ですけどね。

無題

kaco さん,握手のつぎはファンレターですか。
きゃ~,益々かわゆい!
そうですよね,そうですよね。
でもね,私,すっごく恥ずかしがり屋でファンレターとか書いたことが無いんです。
好きっと告ったこともありません。
ほんと,嘘っと思われるかもしれませんが,赤面しちゃって全然駄目なんです。
ふむふむ,筆不精の増尾さんがファンの kaco さんに X'mas カードを送られたんですね?
それから毎年来ているんじゃないですか??
大橋さんのとこでも拝見しましたが,皆さん宝物のように扱っていますね。
ある Live House のおやじさんが,『増尾さんはね,神様みたいな人だよ』っと言っていたのを思い出しました。
specialな人だってことなんでしょうね。
本当に増尾さんはそんな方ですよね。
次も期待してます!

Re

JUNE@vo/p さま
> でもね,私,すっごく恥ずかしがり屋で
> ファンレターとか書いたことが無いんです。
そうなんですか。
“ラブ”レターじゃなく“ファン”レターでも恥ずかしいでしょうか?
相手(アーティスト)は、自分(差出人)の顔も名前も知らないし、
読んでもたぶん差出人の名を覚えないまま それっきりですよ?
それに、基本的に作品とか音楽性とかを好きと書くことになりますから
(けど、ファンレター出すくらいなら人柄もだいたいは好きに決まってるけど、エへへ )。
それでも恥ずかしいものでしょうか?
> 好きっと告ったこともありません。
それはたしかに、ちょっと意外ですね。
> ふむふむ,筆不精の増尾さんがファンの kaco さんに X'mas カードを送られたんですね?
> それから毎年来ているんじゃないですか??
いえいえ。私自身、当時は毎年送っていません。遠慮がありました。
ほかの方からもファンレターが行っていたと思います。
> specialな人だってことなんでしょうね。
> 本当に増尾さんはそんな方ですよね。
そうです。 増尾さんは スター ☆ 彡。°です。

Re

Kaco さん♪
> “ラブ”レターじゃなく“ファン”レターでも恥ずかしいでしょうか?
> ・・・・・・
> それでも恥ずかしいものでしょうか?
ええ, Love Letter も勿論ですが,ファンレターもでしたね。
下書きを書いても出せなくてお蔵になる…っと言う感じでしたね。
結局恥ずかしいから出さないのですよね。
自意識過剰だったのかしら(笑)?
> > 好きっと告ったこともありません。
> それはたしかに、ちょっと意外ですね。
”告白したことすら”っと直すつもりでしたが,このコメント修正ができないので…。
でも,これも本当にやりませんね。
恥ずかしいから言えないんですよね。
好きでもない人に冗談で”好きよ”なんてのは,今では言えますけどねぇ~。
本当に好きな人には全く駄目。
> そうです。 増尾さんは スター ☆ 彡。°です。
お,恐れ入りました。
m(_ _)m

Re^3

JUNE@vo/p さま、
そうなんだ~、下書きは書かれたことがあるんですね~
どっちにしろ、JUNE@vo/p さまはファンレターを出すよりも受け取られる側でしたね。
ファンレターじゃなく恋愛対象として好きな人には、
かならずしも「好き」と言うことができなくても
ほかに伝える方法はあるでしょうから、
伝え方もまた楽しみの一つですね??

Re

Kaco さま、
> どっちにしろ、JUNE@vo/p さまはファンレターを出すよりも受け取られる側でしたね。
まだあんまり貰ったことはありませんが,
貰ってもなかなか返事が出せない方かもしれませんね。

> ファンレターじゃなく恋愛対象として好きな人には、
> かならずしも「好き」と言うことができなくても
> ほかに伝える方法はあるでしょうから、
> 伝え方もまた楽しみの一つですね??
伝わるまで待つ・・・
そんな感じですね,私は。
だから鈍い人を好きになるとストレスで禿げます(苦笑)。
だからかな?
鈍い人は好きになれませんね,今は。

Re^4

JUNE@vo/p さま、
> 伝わるまで待つ・・・
> そんな感じですね,私は。
> だから鈍い人を好きになるとストレスで禿げます(苦笑)。
わわっ、それは大変!!!
美しい髪を保っていただくために、
相手に伝わってもらわないと!
プロフィール

Kaco

Author:Kaco
一番好きなミュージシャンの公式ファンサイト を趣味で編集・管理しています。東京在住。音楽と無関係の仕事と雑事にいつも追われています。猫大好きですが、飼ってはいません。上のネコちゃん写真は米国PA州にあるM邸で撮影(→詳細はこの記事)。私へのメールは、当ブログのメール送信フォーム、または上記サイトの送信フォームから。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。