スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

出逢った頃(2) 六本木PIT IN--’78夏

(1) の続きです (ふと思い立って行ったコンサートで、サイドメンとして出演していた増尾さんを初めて知って聴いてから ...)

コンサート会場で買ったプログラム冊子には、発売されたばかりの増尾さんの『セイリング・ワンダー』の広告ページがありました。

Concert booklet 1

Concert booklet 2

 

爽やかな潮風を感じさせるような写真。アルバムには Stuff のメンバーやデイヴ・グルーシンも録音に参加、とあります(へぇ~、そうなんだ )。
さらに、同ページ下の欄外に、増尾さんのライブ情報が...7月7日と7月8日、六本木PIT INNにて「増尾好秋スーパーセッション」。2週間ほど先にあたります。行くと心に決めました。
ちょうど数日後、FMラジオで増尾さんのアルバムのタイトル曲「セイリングワンダー」がラジオでかかって、ラジカセで録音しました(当時はFMラジオ雑誌で番組表をチェックしていました)。波の音が挿入された、航海の爽快さと冒険のロマンを感じるような、大~らかでのびのびとしていて、若々しく勢いがあって、どこか都会的な洗練も感じる音 ...それまで聞いたことのない新鮮さ。ますます好きになりました。
PIT INN 2daysのどっちの日に行ったかもう覚えていないのですが、昔の自分の記録を調べてみると2日目にあたる7月8日だったことになっています。ライブハウスに入るのは初めてだったし、六本木の街で帰りが深夜になるのがちょっと心配で(うら若かったので, 笑)、知りあいに話をつけてボディガードとして同伴してもらいました。(実際に行ってみたら、帰り道まで自分一人でも全然大丈夫だったな~と思って、以来、ライブに行くときはほとんど一人です。)
入場時はすごい行列。並びながら少しずつ前へ進むと、お店の入り口そばのテーブルには『セイリング・ワンダー』のLPが高く平積みされていて、すでにサイン入り。どんどん売れていて、私も購入しました。
ライブは、期待していた通りすごく楽しかったです。それと、コンサートの2階席からはわからなかったけれど、PIT INNではじめて発見したことは、笑顔が素敵な人だな~ ということ。終演後に、握手くらいはしてもらえそう、と、勇気を振りしぼって近づいたものの、ドギマギしちゃって何をどうしゃべっていいやら分からない(苦笑) 「握手してください」と、ひとこと言うのがやっと増尾さんはニコッと微笑みながらすぐに応じてくれ、「どうもありがとう」と言ってくれました。今から思うと、もう少し何か話せばよかったのにね~(笑) けど、そのときはそれだけで精一杯。それでもう大満足でした。

帰宅してから興奮して友だちにライブのことやら握手のこと(笑)を話しました。
PIT INNで買った『セイリング・ワンダー』は、LPプレーヤーを持っていなかったので友人に頼んでカセットテープに落としてもらいました。テープを聴いて、岩浪洋三さんの書いたライナーノーツをドキドキしながら読んで、それから繰り返し聴いて...ウォークマンは持っていなかったけれど電車の中でも、頭の中で、というより体の中でアルバム『セイリング・ワンダー』が鳴っている。最初の一週間ほどはそんな感じでした。
(3)へ続く

web拍手 by FC2

コメントの投稿

非公開コメント

Re

待望の連載です。ありがとうございます。
私も増尾サウンドとの出会いはセイリングワンダーでした。生で観ることができたのは、だいぶ経ってからでしたが。 同じころ、六本木ピットインにも出入りし始めていましたが、増尾さんのステージは観ていません。惜しいことをしました。
あの頃、ライブハウスは今よりももっと(良い意味で)小汚くてカジュアルだった気がします。良い音楽を気軽に楽しめた時代。 今はチケットをずいぶん前から買っておかないと入場できないコンサートが多く、生演奏というものがちょっと離れたところにある気がします。
増尾さんが近時100%ギタリスト宣言をして、生演奏の活動を増やしたのは、あの頃の立ち位置に戻るということかな、とうれしく思っています。
それにしてもうらやましい程の運命的な出会いだったのですね。   とつき

とつき さま、

ありがとうございます。しばらく間が空いてしまいましたけど、連載を歓迎していただけるなんてありがたいです。
ほんとに私にとっては運命的ともいえるラッキーな出会いでした。
とつきさんもセイリング・ワンダーからですか。
しかも、当時六本木ピットインに出入りされていたのですね~
私と同じ日に入る可能性がゼロではなかったと思うと、ニアミスしていますね。
そうそう、あの頃は、入場料がわりと安かった!来日ミュージシャンの公演でも。
先の(1)に書いた中野サンプラザ コンサートは、立ち見当日券で1800円くらい?で入ったような…。武道館のイベントもたしか3400円くらい?。あの頃は、資生堂とかキリンビールなど大手スポンサーが後援しれくれていたおかげなのかしら???PIT INNは今でも(新宿店しかなくなったけど)、ほかのもっと高級なジャズクラブにくらべて庶民的で入りやすいですよね。

私も Sailing Wonder でした!!!

連載おめでとうございます!!
わ~~い,やった~!
ふむふむ,Sailing Wonder の発売記念にkaco さんはいらしたのですね。
凄いなぁ~。
LP 買って,握手のシーン!!
何か乙女心炸裂!!!!!
きゃ~,いい感じですね。
か,可愛い!!
私の場合はですね。。。。
レコーディングで NY から戻り,何が何でも増尾さんの音楽を聴きたくなり,購入したものの一つが Sailing Wonder だったのです!
聞いて吃驚!!!
私はオリジナルだけでこんなに完成度の高い CD を聞いたことがありませんでした!!!
改めて,『私って物凄い人にプロデュースして貰っちゃったんだ!』っと足がガクガクしました。(今更・・・)
私は学生時代は ロックや フュージョンやってましたから,Sailing Wonder のレコーディングメンバー見て,二度吃驚!!!
増尾さんってこんなにすごかったんだぁ~!!(さらに尊敬~~~!)
しかし,あの写真モッチャンに似てるなぁ~。

出逢った頃(2) ’78夏

JUNE@vo/p さま
はい、ありがとうございます。
連載は、1回目と2回目の間がかなり空いてしまいましたが、
これでも完全に中断したつもりではないのです(汗)
> オリジナルだけでこんなに完成度の高い CD
そうですね~~
> Sailing Wonder のレコーディングメンバー見て,二度吃驚!!!
> 増尾さんってこんなにすごかったんだぁ~!!(さらに尊敬~~~!)
そうですか。
私はそういう共演メンバーの名前に関係なく増尾さんが凄いと思ったのですが。
JUNE@vo/p さんの場合は出会い方が全然違いますからね。ミュージシャン増尾ではなくプロデューサー増尾さんと先に出会ったわけですからね。
私が増尾さんを初めて聴いたときのコンサートのメンバーも、凄かったんですよ。
スタッフのメンバーが2人含まれています--C・レイニーとコーネル・デュプリー。ほかにハーヴェイ・メイソン(ds)とかあとドン・グルーシン(デイヴ・グルーシンの弟)なども … 私はそれらのミュージシャン目当てでコンサートに行ったんです! で、全然名前も知らなくて対象外だった増尾さんにはまってしまったんです。
上に書いた六本木PIT INNセッションでも、ピアノとキーボードには本田竹広さんと坂本龍一さんのお二人で、計7人くらいの出演メンバーだったかな? 豪華でした。
ちなみに、この六本木PIT INNのライブの3週間後には私、トム・スコット@芝郵便貯金ホールに行ったのですが、そのときのドラムスが、Sailing Wonderの録音メンバーでもありJUNE@vo/pさんにとって憧れの S・Gadd でしたよ。驚愕でした!
2階席からGadd氏の両手両脚が全部見えて、わたしは 口あんぐり状態でした。その日はトム・スコットバンド日本ツアーの千秋楽にあたる日で、実際ツアーの中でも特に素晴らしい演奏だったらしいのです。
そして私、さらに1カ月後には、リチャード・ティーとS・Gadd の黄金コンビ(大好き)も生で聴いていますしね。
だから、増尾さんもアメリカのそういったミュージシャンも同じように聴いています。
> しかし,あの写真モッチャンに似てるなぁ~。
胸をはだけている点とか? あれ、ジャマイカでの写真です。
同じ地で撮ったと思われるほかの写真では、地元の人たちも皆半ズボン一丁で裸足の姿で一緒に写っています。たぶん写真家Akira Aimiさんによるものです。

Re

何か六本木PIT INとSAILING WONDERつながりで当時の頃が懐かしくてたまりません。
私も六本木PIT IN から増尾さんにぞっこんになった一人です。
あの頃は、フュージョン全盛期の頃でギタソロは、早弾きテクニックを前面におしだしているのが、流行りでしたけど、増尾さんはギタソロもバッキングもメロディーラインを重視されているように感じました。
今で言うと「アハッ体験」とでも言うのでしょうか。
やっぱり音楽って、これなんだな!!と思い
トリコになっちゃいました。
それに、にくいことに、メロディをくずさないようにして何気にメチャクチャ上手いテクニックを自然な感じで盛り込んでいるところなんかは最高というか私にとってセンセーショナルでした。
SAILING WONDERはアルバム構成もストーリー性があって、いつ聴いても勇気がわいてきます。
さらにレコーディングメンバーの持ち味も活かしていて相乗効果がでているんじゃないでしょうか。
私にとっては、「宝物」いやいや「TRESURE ISLAND」なんだろうな~。(てれ笑い)
そういえば、その時の六本木PIT INで、本多俊之さんのsaxも、かなり、気に入っちゃいました。
本多さんには、YAMAHAでお会いしたときに、急いでLPを買いに行ってサインをまらった記憶がります。(ちょっと、脱線しちゃいました。)
もちろん、増尾さんからもサインを頂いたのですが「? お日様のマーク」がありました。
やっぱり、これって「sunshine」からきているのでしょうか?
とにもかくにも私は、優しいお人柄が演奏にでている増尾さんが大好きです。(^^)v

Re

おおっ、嬉しいコメントっ
yama さん、ありがとうございます!
増尾さんの良さに関してはまさに私も同じように感じてました。
テクニックを誇示することを一切やらないで、
すごくナチュラルにメロディックに、歌うようなフレーズがどんどん沸いてくるようなときが大好きです。
お日さまのマークは、私が当時いただいたお返事にも書いてありました♪
増尾さんのシンボルマークみたいなものですね。
実際、増尾さんから発せられる雰囲気は、何か陽の光に通じるものがあるように思えます。

Re

Kaco さんへ♪
> 私はそういう共演メンバーの名前に関係なく増尾さんが凄いと思ったのですが。
っというか・・・,私はmasuoさんがフュージョンやっていたとは思わなかったのです。
勝手な思い違いですがそうだったんですよね。
完全なジャズの人として私には刷り込まれていました。

> スタッフのメンバーが2人含まれています--C・レイニーとコーネル・デュプリー。ほかにハーヴェイ・メイソン(ds)とかあとドン・グルーシン(デイヴ・グルーシンの弟)なども … 私はそれらのミュージシャン目当てでコンサートに行ったんです!
凄い member ですよね~。
> 上に書いた六本木PIT INNセッションでも、ピアノとキーボードには本田竹広さんと坂本龍一さんのお二人で、計7人くらいの出演メンバーだったかな? 豪華でした。
お~~~!!!
こちらも!!!!! 教授まで!!

> ちなみに、この六本木PIT INNのライブの3週間後には私、・・・JUNE@vo/pさんにとって憧れの S・Gadd でしたよ。驚愕でした!
『Gadd 様』は私の神様なのですぅ~!!!
masuoさんに『Gadd 様』と一緒に演奏するといくらくらいかかるのかと聴いたことがあり,
お金が貯まったらやって頂きたいとまで考えています!
(高額だし,実現は難しいでしょうが…)
> 2階席からGadd氏の両手両脚が全部見えて、わたしは 口あんぐり状態でした。
Oh!!!!!!!!!!!!!!!!
良いなぁ~~~~~~!!!!!
> そして私、さらに1カ月後には、リチャード・ティーとS・Gadd の黄金コンビ(大好き)も生で聴いていますしね。
Kaco さん凄すぎぃ~。
Richard T. も良いですよねって言うか,最高!!!
私たちミュージシャンって意外と仕事とかに夜の時間帯を取られていて,コンサート逃していることって多いんですよね。
羨ましいなぁ~。
> だから、増尾さんもアメリカのそういったミュージシャンも同じように聴いています。
そうだったんですね。
masuoさんって年齢からしても,もっと”オジサン”だと思っていたし,この黄金時代のことも何も,会ってみて吃驚することだらけでしたよ。
> > しかし,あの写真モッチャンに似てるなぁ~。
> 胸をはだけている点とか?
いいえ,私には顔が若いころのもっちゃん(元章さん)にそっくりに見えるのですよ~。
やっぱりご兄弟だなぁ~って思ってしまいました。

Re^2

JUNE@vo/p さま、
> 私はmasuoさんがフュージョンやっていたとは思わなかったのです。
> 勝手な思い違いですがそうだったんですよね。
> 完全なジャズの人として私には刷り込まれていました。
なるほどー そういうわけで びっくりされたんですね。
なっとくです。
> 『Gadd 様』と一緒に演奏
ですか! 曲の感じ次第で彼にやってもらうのに向いたのがあれば、
いいかもしれないですね。お金が貯まったら。
> 会ってみて吃驚することだらけでしたよ。
そ、そうですか。
4年前にレコーディングのことで増尾さんに初めてコンタクトをとられたときは、ほんとに限られた予備情報とイメージをお持ちだったことになりますね。紹介 で出会うとそうなっちゃうわけ~?(苦笑)
> 私には顔が若いころのもっちゃん(元章さん)にそっくりに見えるのですよ~。
> やっぱりご兄弟だなぁ~って思ってしまいました。
そうですか、今よりはたしかに若い頃のほうが似てるかも?ですね。
というか、お二人は実際に会うと、漂う雰囲気があまりに違うんですよね~~
そういう意味でも写真のほうが似てるかもしれない。

Re

Kaco さま、
> > 完全なジャズの人として私には刷り込まれていました。
>
> なるほどー そういうわけで びっくりされたんですね。
> なっとくです。
そうなんですよ。

> > 『Gadd 様』と一緒に演奏
> ですか! 曲の感じ次第で彼にやってもらうのに向いたのがあれば、
> いいかもしれないですね。お金が貯まったら。
しかし『Gadd 様』のギャラは個人では支払えないくらい高く・・・。
無理かも・・・(ポツリ)。

> 紹介 で出会うとそうなっちゃうわけ~?(苦笑)
そうなんですよね。
私も一緒に演奏したことが無い人以外はあの日とこの人って,あんまり良く知らない人を追っかけたりしなかったので。。。。

> そうですか、今よりはたしかに若い頃のほうが似てるかも?ですね。
そうでしょ~?
> というか、お二人は実際に会うと、漂う雰囲気があまりに違うんですよね~~
私はなんとなく内在するものはお二人とも似ている気がします。
表現の仕方はや考え方は違うと思うのですが・・・。
実は5月に兄弟共演があるんですよ(内緒だけど5月26日JIROKICHIです)。
※何でこんなところに・・・?????書くんだろう私?????

Re^4

JUNE@vo/p さま
すみません。このブログ、訂正とか削除してやり直す
機能がなくって...
> 私も一緒に演奏したことが無い人以外は
> あの人この人って,あんまり良く知らない人を
> 追っかけたりしなかったので。。。。
ということですね。
そうでいらっしゃるのですね。
ま、とにかく、私がもしも似た立場で同様の状況にあったら、
びっくりしたあと「存じ上げなくて失礼しました 」って感じになってしまいそうですが、
そこで「すごい」とストレートに表現されるところがまっすぐなんですね~
そしてなになに?、フライング情報はいってますね(ニヤリ)
> ※何でこんなところに…?
そうそう、そうですよ。「こんなところ」じゃなかったら、
もしかして、まだちょっと早すぎるかもしんない。(笑)
プロフィール

Kaco

Author:Kaco
一番好きなミュージシャンの公式ファンサイト を趣味で編集・管理しています。東京在住。音楽と無関係の仕事と雑事にいつも追われています。猫大好きですが、飼ってはいません。上のネコちゃん写真は米国PA州にあるM邸で撮影(→詳細はこの記事)。私へのメールは、当ブログのメール送信フォーム、または上記サイトの送信フォームから。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。