スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

出会った頃(1) 1978年夏のコンサート

増尾好秋というミュージシャンの存在を私が知ってから、これを書いている2008年で30年になります。

一人でふらっとコンサートに行ったら名前も知らないギタリストがサイドメンで参加していて、聴いて一発で引かれた。それが増尾さんでした。 1978年6月24日土曜日、東京 中野サンプラザホールでのCalif. Showerコンサートでのことでした。 念のため、「名前も知らない」というのはひとえに私のリスナー歴が浅かったことによる無知・知識不足のせいです。当時とっくに「世界のマスオ」ですから。

その頃の私は、洋楽を聴いてみるようになってからまだ半年。はじめてお小遣いで買ったステレオ ラジカセ(それまではモノラル)でFMラジオの音楽番組をいろいろエアチェック(死語)するようになってから洋楽を聴き始め、4月~5月頃には興味がインストルメンタルへとシフトしたところでした。とにかくアメリカの音楽にかぶれていました。そんな頃の6月に、アメリカから人気ミュージシャンを何人も日本へ呼んでのコンサートがあるとの情報をFM雑誌だかラジオ番組だかで知りました。来日メンバーには、ハーヴィ・メイソンやチャック・レイニーなど、私の覚えたての名前が何人も並んでいたので、豪華そうだなぁ と思って出かけてみたんです。8人編成。そのなかで、増尾さんについては初めて目にする名前。「なんだ、日本人か」ぐらいに思っていました(なんと失礼な! 苦笑)。増尾さんもコンサートのためにアメリカから呼ばれた一人だったんですけどね。

 

ところが、コンサートの2曲目か3曲目くらいになってはじめて増尾さんにソロが回ってきたとき……認識逆転。えぇっ!ナニ、この人!なんだかイイ、すごくイイ!  日本人なのに!!(笑)  それからは 「もう一度あの人のソロを聴いてみたい。聴いて確かめたい。また演らないかな?」 と、コンサートの間ずっと気になっていました。メンバーが多かったので1部と2部を通して増尾さんのソロは3回だけ。でも、私にとって注目の人となるにはそれで十分でした。それに増尾さんは見た目にもカッコよかった!(ミーハーです.笑) “当日立ち見券”で2階通路から観ていた上に視力もちょっと弱かったので顔とかのディテールはよく見えなかったけど 、身のこなしや姿勢がカッコいいと思いました。背筋がスッと伸びていてるし、物腰が柔らかで、さりげなく淡々としてて洗練された動き。いやもう、何もかもカッコ良くって...(笑) 

会場で買ったプログラムにメンバー紹介文がありました。ロリンズのバンドのレギュラーだったのか!(ロリンズぐらいはその頃すでに知っていました 笑) 若いのに凄い経歴。それなのにもったいぶったところがなく、あの雰囲気。こんな素敵な人がいるんだ!...嬉しくなってしまいました。

 

当日のほかのメンバーもそれぞれに良かったし、コンサート全体もとても楽しめたんです。もしかしたら、予備知識も事前情報もなく全然注目していなかったミュージ シャンに 思いもよらず引き込まれてしまったという、その意外性も手伝って、余計に印象的だったのかもしれません。とにかく自分にとって「凄い人を見つけちゃった!と、それはそれは興奮して、心の中で小躍りしながら帰りの電車に乗ったのでした。

 

  (コンサートのプログラムがすぐに出てこなくて、ここにページ画像を挿入できず)

 

帰ってからは、ジャズもフュージョンも聞かないような友人をつかまえては、「聞いて 聞いて!」 ってなノリでその日の興奮を話しました。素晴らしいギターを弾く、カッコよくて魅力的な人を見つけた! と。 具体的にはだいたい次のような感想を話したように憶えています:
フレーズが自然! 自然といっても素朴というのではなく、洗練されてる感じ。そして、聴いてくれ、っていう押しつけがましさとか圧倒しようとする感じがまるで ない。 音量さえ ソロのときも ちょっと控えめに感じたけど、どういうわけか引き込まれる。あと、セカセカした感じがなく、日本人離れしている...

 

その1週間後の7月1日にFM番組で、私が行った日ではなく6月26日厚生年金会館における同メンバーのコンサートの模様が放送されました。私の部屋に届く電波はあまりいい状態ではないからと思い、4階建てビルの屋上にラジカセを持って行って録音しました。深夜の1時から3時まで、ひとりで屋上で録音しながら聴いていました。屋上でエアチェックしたのは、後にも先にもこのときだけです。懐かしい。そのときのカセットテープを今も持っています。

 

この時点ですでに、半分くらいは増尾さんにハマっていましたね。 自分の好きなミュージシャンがこれから増えていくであろう、その一人、という感じではあったけれど。 それにしては、ものすごく心がはずんでいた、いや、異常なはしゃぎぶり でした。

あの頃、まさか増尾さんと お近づきにならせていただけるとは考えてもみなかった。

こんなミュージシャンが存在するんだ! と知ることができて、そのときは ただそれだけで嬉しかったんです。

 

ちなみに、その記念すべき6月24日からちょうど29年後の2007年6月24日に、私は久しぶりのニューヨーク旅行で増尾さんのライブをBlue Noteで観て、同日彼のレコーディングスタジオ「The Studio」に入れてもらっています。そう思うと、なんだか不思議。

 

 「出会った頃」はシリーズで続けるつもりで (1) としています。ただし、(2) 以降は数カ月先かもしれないし、未定です。(汗)
 
→その後 つづき (2) を書きました


関連記事
web拍手 by FC2

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

Re

とつきです。 このシリーズ、楽しみです。なるたけ長く(多く)書いて下さい。
深夜の屋上でのエアチェック、良いですね。青いと言うのか若いと言うのか、無垢に胸ふくらませながら聞き入っていた様子が眼に浮かびます。 自分にもあったなあ、そういうの。
その時の音源を最高の音質でCDにしたい時は、ご用命を。 Priceless ですもんね。

Re^2

とつき さん、
コメントありがとうございます!
> このシリーズ、楽しみです。なるたけ長く(多く)書いて下さい。
う、嬉しいです。
この記事をアップした後で、なんかこういう個人的な思い出話って、あんまり人は読みたくないものなのかな~? あとはかなり端折ろうかな、とも思っていました。
やっぱりコメントいただくと張り合いがあります。
エアチェックした昔のそのテープは、「最高の音質で」ではないけど自分のPCのディスクに入れてあって、CD-Rにも入っています。
ほんとは、テープデッキからライン入力でPCに入れるとき、なんかノイズを抑える装置を間にはさんだほうがいいそうですね。ちょっとあと半年ほどはそういうことを考えている余裕もなさそうだけど。
今度お会いするときにまたいろいろ教えてください。

Re

6月24日!!Kacoさんの運命の日だったんですね!!
この出会いからの story 細かい部分まできっと綴って下さいね!!
少なくとも”とつきさん”と私は大いに期待しています!!
(勿論,全国にはもっと沢山読者はいると思いますよ!)
私は2005年の9月6日でしたね,増尾さんに初めて会ったのは。
勿論名前なんかは知ってましたよ。
我等の業界では有名な方でもあり,また成功者っと言われている方でしたから。。。
でも若い頃は『増尾なんて珍しい苗字の人だな』ぐらいにしか思わなかったんですよ。
日本には居なかったし。。。。。
ソニーロリンズと一緒に演奏するなんて凄いけど雲の上の人。
まぁ,一生会うことも無いだろう…くらいにしか思ってませんでした。
でも'89辺りに NY ですれ違った事がありました。
あの時居知り合っていたらどうだったんでしょうね?
まぁ私の話は置いといて…。
半年後でも一ヵ月後でもいつでも待ってます!

Re^2

JUNE@vo/p さまの場合は
プロデューサーとしての増尾さんに先にお会いになっているし、
どっちにしろ私とは全然立場が違いますよね。
> 半年後でも一ヵ月後でもいつでも待ってます!
ありがとうございます。
プロフィール

Kaco

Author:Kaco
一番好きなミュージシャンの公式ファンサイト を趣味で編集・管理しています。東京在住。音楽と無関係の仕事と雑事にいつも追われています。猫大好きですが、飼ってはいません。上のネコちゃん写真は米国PA州にあるM邸で撮影(→詳細はこの記事)。私へのメールは、当ブログのメール送信フォーム、または上記サイトの送信フォームから。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。