スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

ちょうど1年前--NYとPA

ちょうど1年前の今ごろ、私は New York (NY) とペンシルバニア (PA) に行っていました。6月20日~29日。
増尾さんとノリ奈良岡さんのデュオを観て、Blue Note では増尾さんとビル・メイズ トリオのライブ、その他数本のライブを観たり、The Studio 見学、そしてペンシルバニア州の増尾邸、...etc。

あの旅行から帰ってから繰り返し思い出しているうちに、すごく遠い昔になったような気がしていました。たぶん、The Studio がまだあったときと なくなってからでは意識の隔たりがあって、そのせいで遠い過去に感じられる部分もあるのかも。
ちょうど1年だと思うと、あれ?まだ1年?そっか~  ...季節が同じせいか、急に昨日のように蘇ってきたりもします。で、ここ1週間はそれをまた思い出していました。

なにしろ、飛行機に乗ること自体が20年ぶりだったので、準備しているときは、自分が New York に行けることがどうも信じられないないような気持ちでした。航空券のeチケットも もちろん初めてで「これでほんとにちゃんと乗せてもらえるの?」と半信半疑。ほとんど初めての海外みたいなもんです。 なのに、増尾さんにも掲示板をみているひとたちにも「行く」と宣言しちゃったからには、無事に予定をあれこれ消化して写真も失敗せずに撮って、写真その他の記録を無事に日本へ持ち帰らなきゃ…なんて感じで、旅行中はずっと軽い緊張が続いていました。なにしろ、私の緊張を煽るかのように、Newark 空港に着いてそうそう、空港から乗ったマンハッタン行きバスが ごく軽い接触事故に遭って、運転手さんによる説明不十分のままバスからいったん降ろされてしまい ...というハプニングがありました。なのでその夜は行くつもりだったコンサートに間に合わず断念。せめて旅のメインの予定だけ無事に消化したい、と やっぱり緊張しますよ、私のような人間はね。でも、それ以外はたいした失敗や事故もなく なんとかなったわけですが。


New York に着いてからは、嬉しくて興奮してるし、あまりに久しぶりの海外で慣れなくて緊張してるし、時差ボケもあるしで、夜3時間しか眠れず、朝の5時に目覚めてしまうんです。いったん散歩などして、朝の9時10時頃になるとまた眠くなって寝てしまったりと細切れ睡眠。合計でも 5、6時間しか眠れない日が続きました。ふだん、仕事などで徹夜することもないわけじゃないけれど、基本的に睡眠はしっかりとらないとダメなタイプなんです。旅行前も忙しかったし、旅行中は完全に睡眠不足。もう、ボーッとして、興奮と緊張と眠気が常に同居しているような変な感じでした。


その変な感じが一番強かったのは、ペンシルバニア州の田舎にある増尾邸に連れていってもらったときですね。増尾さんはNYのアパートとPAの田舎に半分ずつお住いです。私のNY滞在中に増尾さんのスケジュールがうまく空けられたらPA に連れていってもらえそうな話が事前にあって、NYへ着いた日に増尾さんにご連絡し、Blue Note ご出演の日の翌日にPAのご自宅まで連れていってもらえることになったのです! 増尾さんの車に乗せてもらい、着いたらネコちゃんが増尾さんにすり寄ってきて ...シャーリーさんが出迎えてくれて...夢のような2日間でした。 そうです、一泊させていただいたんです。


考えてもみてください。私にとって一番憧れの人なんですよ。 昔、ライブの後にちょっと話せただけでも天にも昇る心地になっていたし、今でも、話していて緊張してしまうことがあるくらいなんです。増尾さんのお仕事部屋にギターやキーボード楽器、CDやスピーカーが置いてあって...そりゃぁ興奮ものですよ。ミーハーな自分だからなおさらです。卒倒するか、とんでもない奇声をあげちゃいそうな状況。それが何時間も続くわけですよ。私、表面はたぶんわりと普通、いやどっちかというと固まってコチコチだったかもしれない(実際、会話していても言葉がすぐに出てこないなど、変でした)。でも心の中は極度の嬉しさと興奮と緊張と疲労が混じって混乱状態でした。悶える嬉しさ...拷問ですよ、こりゃ (笑)  いや~もう、参りました。

その夜、ちゃんと眠れるか心配だったけど、さすがに睡眠不足と緊張疲れのおかげか眠れました。早朝にいったん起きて外を歩いたけど、合わせて7時間近くかな? 旅行に来て初めて一番たくさん眠れた夜でした。のどかで美しい自然に抱かれた素敵なおうちで、私の興奮と緊張をのぞけば、ものすごくリラックスできる環境だったんです。 翌日も3人で車に乗って近くまで出かけるなど、楽しかった。増尾さんとシャーリーさんの素敵なお人柄をあらためて感じて感激だったし お二人のことがいっそう好きになりました。 私のためにたくさんの時間をさいていただいて、いくら感謝してもしきれないくらいです。私にとって宝物の想い出です。

 

こんなことを書くと、ねたまれそうだな~ とも思ったけど。 読んで想像して一緒に悶えてください。(笑)

でも、一応、Webサイト関係のことなど、打ち合わせ的な話もほんのちょっとはしてきたんですよ。

関連記事
web拍手 by FC2

コメントの投稿

非公開コメント

もう1年ですか

1年前にこの時の記事をHPで読んだときは、羨望の気持ちとKacoさんの行動力への畏敬の念とがない交ぜになりつつ読んだ記憶がありますが、もう1年経ちましたか。
私も、The Studioを閉めると知っていたら、、と夢想したりもしました。 この時のNYまで行ってしまうKacoさんを見習って北海道行きを決めた とつき でした。

Re

とつき さんが北海道までいらしたことに、わたしのNY旅行がちょっとでも影響してたとは思いもよりませんでした(汗)
The Studio に入れていただいたときは、ちょうど Mac の不具合が発生していたし、けっこうあわただしかったです。でも、とにかく入れてもらえた私は幸運者ですね。1987年と2007年、ちょうど The Studio の最初の頃と最後近くに入れてもらえて本当にラッキーでした。す、すみません。
私も北海道か岡山、行こうかな~とも考えたんです。どっちもまだ行ったことがないし(国内では近畿~関東の範囲しか移動した経験がありません)。娘でも連れていこうかな~なんて。でも娘の都合がよくなかったこともあって辞めました。私自身、時間・資金・体力的に難しかったな。北海道、気持ちよかったでしょうね~

私も一年前…

っと言っても2007年11月3日ですけど…。
NYの”The Studio”に居りました。
この日は内緒でしたが、、、、、マーク(Mark Soskin

)とチップ(Chip Jackson)とマルチェロ(Marcello Pelliterri)と録音してました。
増尾さんの ♪No More Dreams や元章さんの曲♪Lacky Lady やちんさんの曲♪It's The Thought Of Youなどなど!!
1年経つのが早いですねぇ。。。。。
とつきさんも、
北海道に行くと決められた経緯はそうだったんですか!!
素晴らしい!!
しかし、私たち3人、結構思い切った事しますよね。

Re

そうなんですね。ちょうどコメントご記入の日で
JUNE@Vo/Pさんの2回目NYレコーディングから一年なんですね。
セカンドアルバムも、楽しみですね~
プロフィール

Kaco

Author:Kaco
一番好きなミュージシャンの公式ファンサイト を趣味で編集・管理しています。東京在住。音楽と無関係の仕事と雑事にいつも追われています。猫大好きですが、飼ってはいません。上のネコちゃん写真は米国PA州にあるM邸で撮影(→詳細はこの記事)。私へのメールは、当ブログのメール送信フォーム、または上記サイトの送信フォームから。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。