スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

ラッキーだったことと口惜しかったこと@Pocotan

昨日、増尾好秋さんと高嶋宏さんのギターデュオを観に、四谷にある PocotanHP) というギター バーに初めて行きました。
実はこのライブ、私が予約しないうちに予約満席になっていたんです。このライブの情報を増尾さんのサイトにアップしてからほんの10日ほどで予約満席でした。不覚だった。 その後、ある知り合いから「電話しておけば立ち見ならできるから」 というありがたい情報。ところが、電話しようとしたらお店は大型連休中で休み。その後も、何度か電話しようと思うたびに、お店が開いていない時間帯だったり、休みの曜日だったり…。で、とうとう前日になってからようやく電話しました。
お店の女性:「店長に聞いてみないと何ともいえませんけど、もう立ち見もいっぱいで中に入れるかどうかさえわかりません。」
私:「お店に入れるかどうかわからなくても、とにかく行ってみますから。」
と無理やり名前を言って予約リストに控えてもらいました。

2025_pocodoor.jpg
当日、立ち見を覚悟で疲れにくいスニーカーを履いて出かけました。地下鉄丸の内線の四谷三丁目駅を降りて、大通りから細い道へちょいと入ると、さらにそこから横道へ入ったところに、ネオンで形取ったお店の看板ギターがすぐに見えます。


お店の前に増尾さんがいてご挨拶。そして中へ入ると...なんと私の席が確保されているではないですか! お店に入ってすぐのカウンター席で、店の一番奧にあるステージからは離れたところ。最後の一人だと言われました。きっとステージ近くに臨時席を設けるなどして座席数を増やしてくれたのでしょう。やった~ お店の中に入れるどころか腰掛けて聴ける!感謝。
店内には、私がこれまでに増尾さんライブで知り合ったなじみの顔もチラホラ。その中のお一人から、席を交替してほしい、と言われ、なんと私は一番前の席に座れることになりました。その方、ステージに近すぎると落ち着かないからカウンターのほうがいいのだそうです。  な、なんてラッキーなんだ!!そこで一番前の席へ(ありがとうございます)。


最初はお店に入れるかどうかもわからなかったから、写真を撮るぞ~というつもりで行ったわけじゃなかったのですが、ステージが始まってみたら、写真を撮るのに何の障害物もなく、すばらしい席じゃないですか! 出演者の顔にマイクの影がかかるなんてこともない。これは絶対写真を撮らなきゃ! だけど、初めてのお店なので、写真を撮っていいかどうかわからない。それで1stセットは我慢して、休憩時間になってから Pocotan 店長さんと高嶋さんに撮影許可をもらい、2ndセットに臨みました。
ステージはライトアップされてわりと明るめなんですが、明暗のコントラストが強くて、カメラをオートモードにすると、うまくいかないんです。お二人が共演したという状況説明写真ならちゃんと撮れるのですが、こんなにいい位置からだと、増尾さんのイイ写真を撮りたいじゃないですか。サイトのトップページに飾れるくらいのいいのを…。
アングルはものすごく好都合の席。なのにギターが明るくて顔が暗くなりがち。それで、オートモードではなくマニュアルモードで撮りました。マニュアルモードといっても、立派なカメラじゃなくコンパクトカメラですから、セミオートというか、疑似マニュアルという感じなんですね。たとえば測光を画面全体の平均ではなく画面の中央だけで行えるので、暗い顔に照準を合わせて測光するとかできるんです。だけど、このモードを本当に必要とすることはこれまでなかったので、使い慣れていなかった。どうもうまくいかない。フィルム感度に相当する値が ISO 400 にしかならないんです。このカメラ、オートモードだったら暗いときは ISO 1600 でキレイに撮れるカメラなのに。今一ついいのが撮れませんでした。
今日になって、急に思い付いたこと -- もしかして、マニュアルモードのときは、自分で ISO 設定できるのに、それをISO 400固定にしていたのかも? -- 調べてみたら、やっぱりそうでした。ISO 400固定の設定になっていたんです。あ゛~~~、この設定さえあのとき思い付いていれば、素晴らしい写真が撮れたのにぃ。それに、マニュアルモードでは露出補正ボタンが使えるということも忘れていた。とにかく、演奏中に撮るときは、できるだけ演奏を聴き逃したくないし、表情などのいい瞬間を狙いたいし、周囲の人に目障りでないようにとか、いろいろ考えるので、あせっていて思い付かないんですよ。このコンパクトなカメラでも、マニュアルモードを使い慣れてさえいれば、いや、ISO設定画面を以前に一度見たときISO1600AUTOという設定にしておけば、もっともっといい写真が撮れたのにぃ~......(涙、涙)。 やっぱり少しずつ場慣れしていくしかないのかな。これで一歩前進ですね。


1987_33.jpg

写真をクリックすると拡大表示できます。このブログじゃなく増尾さんサイトのReports コーナーにも、高嶋宏さんの写った別の写真を後日 アップするつもりです。(→アップしました) 
↓こんなふうに、足もとまですべて写すには、このカメラではもう少し後ろに下がれないと苦しかった。広角側が足りないんです。それだけが、このカメラを買う前から仕様を見てちょっと不満足だった点。でもそれ以外はものすごく満足しています。Fujifilm の FinePix F31fd というカメラ。1年半前に発売されたけど、暗いところで動く被写体を撮るのには、今でもこれが、各社から出ている数多くのモデルの中でも健闘している。名機だと思っています。私がまだ使いこなせていないだけ。

masuo at Pococan
この姿、どうみても還暦をすぎていらっしゃるようには見えないでしょ? これもクリック拡大できます。

写真を撮ることに一生懸命になると、どうしても演奏をしっかり聴くことができない。右の耳からはいって左の耳から抜けていく感じ。ものすご~くもったいなくて、ジレンマです。

 

さて、演奏ですが、お二人は全く初の共演だそうです。何曲か演奏していくうちに2本のギターがちょっと仲良くなったという感じかな? ギターデュオだと、バッキングもソロと同じ比重で聴きますね。とにかく素晴らしいお二人のギターを堪能。面白かったです。

2024_poco.jpg
この日は Pocotan はじまって以来の客入りじゃないか とのことでした。数日前に大阪で増尾さんのライブを観たあと、この新宿まで増尾さんを追っかけてきた、というギター少年もいま した。客席にはそのほか、プロのギタリストが少なくとも2人、もしかしたらもっといたみたいです。あと、NYで活躍のピアニスト百々徹さんのご両親も見え ていました。
Pocotan は、深夜5時までやっていて、ライブがないときも、ギターのDVDがたくさんあるそうで、ギター弾きにはこたえられない店でしょうね。

 

Pocotan のホームページは: http://pocotan-hp.seesaa.net/

 

関連記事
web拍手 by FC2

コメントの投稿

非公開コメント

涙ぐましいご努力!!!

写真をとるって大変なんですねぇ~。
私なんて最近は携帯でちょちょっと撮っちゃってますが、、、。
ちゃんとしたカメラでちゃんとしたお写真をと思うとね。
色々有るんでしょうね。
高嶋宏の方がふけて見えますね。
髪白いから余計かしら??
高島さんも単体(爆)で見ると若いのになぁ。。。。
やっぱりちんさん(Bassist鈴木良雄氏)が言うように、
『増尾は化け物』ってことなんでしょうか?
歳とらない化け物ならなってみたいですねぇ。

Re

携帯に付属のカメラでも最近のはかなりいいカメラですね。
ただ、ステージを撮るのは、暗いし被写体が動く点が難しいですね。
暗いと、光をたくさん取り込むためにシャッタースピードを
遅くすることになるのですが、そうすると
手ブレや被写体の動きによるブレが出ます。
周囲のお客さんの迷惑にならないように動きも制限されるし。
ステージまで距離があるときは、なおさら光が足りないんです。
(私のデジカメの場合、近づくと今度は広角側の画角が
 狭くてすべて画面に収まりきらないという問題も…)
たとえば、New Tones Apple でツイン・ボーカルで歌われたとき
二人でリズムに会わせて横に揺れていたでしょう?
シャッタースピードが遅いのに あれをブレずに撮るには、
二人が左端または右端へ揺れ切って、また反対方向へ戻り始める
直前に、静止に近い状態になるのでその瞬間を狙って
みたりしてました。
表情もどんどん動きますしね。そういえばもうお一方は目線が
外側に逃げがちだったかも。
本当にいい写真を撮ろうと思ったら、プロの方でも100枚とって
1、2枚いいのがあればいい、なんて聞きました。
JUNE@Vo/P さんは、いい表情で撮れていることが多いです。
さすが!! ですね。長年お客さんの前で歌われてきたからかな。
「写真を撮られるときの表情」についてどこかで話題になって
いましたけど、JUNE@Vo/P 先生のおっしゃる通りでもありますし、
撮られる瞬間は何回(または何十回)もあると思って、いい表情
の確率を上げる と考えてもいいんじゃないかな?って思いました。

Re

Kacoさん、ブログもやっているのですか。 「近すぎると落ち着かない」とつき です。
近いと落ち着かないのも半分(演奏中にビールお代わりできない)でしたが、絶好のポジションだったので写真を公開して貰う方が公益だろうと思ったのも半分でした。 絶好なポジションということをきちんと理解されて、貴重なショットを撮って頂いて目論見通りでうれしいです。
しかし、Kacoさんの写真に対する造詣は大したモンですね。私は高校の頃かなり凝りました(当時の愛機はオリンパス OM-2)が、今ではオートモードばっかりです。 北海道のレポート写真は IXY Digital 810IS ですが全部オートモードで席からも立たないで写したモノグサ写真ばかりです。

Re:^2 涙ぐましいご努力!!!

とつき さん、やっと新しいコメント者が! ありがとうございます。
このブログ、増尾さんのサイトでは目立ち過ぎないようにしたかったけど、なんだか隠れブログのようになっていました。
「近すぎると落ち着かない」だけじゃなかったのですね
いえ、うすうす感じて感謝はしておりましたが、
ちゃんとそれを表現する言葉が上の文で足りませんでした。
あらためて、ほんとにありがとうございました。
はい、あれくらい近いと、光が足りるし、すごくいい場所で、
ありがとうござました。
写真は、増尾さんを撮るとき以外はそれほど気合いを入れて
撮ることはないのですが、それなりに研究心は出てきました(笑)
北海道では IXY Digital 810IS をお使いだったのですね。
席から立たないで、よくあれだけ撮れましたね。
わたしも席から立つのは、心理的に抵抗があって
簡単にはできないです。たま~に、動いてみますけど、
やっぱり座席でおとなしくかしこまっているほうが
気が楽ですよね~~~

Re

Kacoさん、 そんなつもりじゃ無かったのに気遣い頂いて原文まで手直しされて。スイマセン。 (元の文の方が、ラッキーさが強調されて面白かったのに。戻しましょうよ。)
北海道の写真は、生来の座高の高さを活かして、演奏を聞いているときは猫背で聞いていて、写真を撮るときは背筋をにゅーっと伸ばして撮りました。人間椅子ならぬ人間三脚!

Re:^4 涙ぐましいご努力!!!

とつきさん、ありがとうございます。
> (元の文の方が、ラッキーさが強調されて
> 面白かったのに。戻しましょうよ。)
またまた真に受けて素直にお言葉に甘えてしまいました。
読み直してみたら、おっしゃるとおり、勢いがなくなっていたので、別の形に直しました。
本当にあの節はありがとうございました。
写真撮影は別にしても、やはり近くはいいです、私には。
> 人間椅子ならぬ人間三脚!
笑、笑
たしかに、身長が高いほうがその点は便利でしょうね。

Just Like Old Times

PING:
BLOG NAME
増尾好秋の音楽をはじめて聴いたのは中学2年の時。ギターの音の気持ち良さを教えても...
プロフィール

Kaco

Author:Kaco
一番好きなミュージシャンの公式ファンサイト を趣味で編集・管理しています。東京在住。音楽と無関係の仕事と雑事にいつも追われています。猫大好きですが、飼ってはいません。上のネコちゃん写真は米国PA州にあるM邸で撮影(→詳細はこの記事)。私へのメールは、当ブログのメール送信フォーム、または上記サイトの送信フォームから。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。