スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

増尾さんのサイトを開設するまで (3)

(1)(2) の続きです)
増尾さんの公式ホームページができるのをただ待っていた立場から、非公式でもいいからとにかく自分が作るという立場へと、心の中で大転換が起こってからは、さっさと作って公開しよう!とすぐに準備を始めました。準備しながら、増尾さんにいつどんな風にこのことをお伝えしよう? ...と、考えを巡らせていました。東京のライブなどでお会いできる機会があればそのときに話してしまうんですけど、Eメールで切り出すには、ちょっと勇気が要ります。考えてしまいましたね。

いっそのこと、私からは当分の間お知らせしないでいるのも面白いかな? ともチラと思ったんです。開設後しばらくして誰か増尾さんに近い人が見つけてくれて、増尾さんに「こんなサイトが出来てるね。知ってた?」なんて告げてくれたりしないかな? そして、その後 増尾さんが「なんだ、君がやってたのか」とちょっと驚く...な~んて妄想を楽しんだりして(笑) ただし、気付いてくれるまでかなり長い期間を要する可能性が大。

もしも私から「増尾さんのためのサイトを作りましたよ」と ちゃんとお知らせするにしても、開設の時点ではなく、少しは内容が整ってからにしたいという気持ちがありました。最初は最低限のコンテンツで早めに公開し、そのあと徐々に充実させていくつもりだったからです。各種検索エンジンに登録したり他サイトとリンクしていただいたりして多くの人々に存在を知ってもらうまで期間がかかることを考えると(当時は今より長くかかった)、ごく作りかけの段階でさっさと公開したほうがいいと考えたのです。で、お知らせするのは公開から数カ月ほどたった頃にでも、と...

ところが、思いのほか早く 増尾さんにお知らせすることになってしまいました。

なぜだかちょ~どその頃、たまたま別件でご連絡したいことができちゃって(ご連絡したいことなんて そう滅多にあるもんじゃなかったんですが)、メールでやりとりする中で、結局 Webサイトのことのことをポロッ と書いてしまったのです。サイト開設からわずか2~3週間後の 10月後半でしたね。サイトのことは ついでに付け足しで書くみたいな感じになっちゃって...

もののはずみで書いただけあって、そのときの文面は、後になって読み返してみると、言葉足らずでわかりにくいものでした。 「ホームページを作りました」と書いたものの、どういうテーマのホームページか を書かなかった。つまり、増尾さんを応援するサイトであるとか、増尾さんのためのサイトであるとか、そういう記述が抜けていたんです。取りようによっては、私個人の趣味についてのホームページあるいは ジャズ全般についてのサイトを作って、その中の一部を増尾さんの話題にあてている、と思われてもおかしくありませんでした。でもまぁ前後の流れや「非公式と明記している」という言葉で通じたのでしょう。
増尾さんはとても勘のいい方で、そんな私の不明瞭なメッセージを、スッと汲み取ってくださいました。聞き返すこともなく、です。そして、なんと! ご協力いただけるとのお言葉と、近く来日することなど近況について教えてくれたのです! 日本のマネージャー氏の連絡先も!! ワォ! 
それですぐに、開設したばかりのサイトのURLを折り返しお伝えしました。やっぱり早く言ってよかった! だってその3カ月後に迫っていた来日情報をサイトで告知するのに間に合ったから。

サイト開設のいきさつについては、ひとまずこれでおしまいです。
(1)へ戻る
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

増尾さんのサイトを開設するまで (2)

(1)の続きです
最初は、世界的ジャズ ギタリスト増尾好秋さんのホーム ページを自分がやるなんて、夢にも考えていませんでした。
待っててもネット上になかなか出現しないので、しびれを切らしたといいますか。

まず、ほかの誰でもない私自身にとって、たまにしか日本に来ない増尾さんの来日情報を 確実にキャッチできる方法として 増尾さんのホーム ページがほしかったのです。
増尾さんのライブを日本(東京)で観られる機会といったら本当に少なくて、1年に1回どころか、ときには2年、3年も間があいちゃうことがあって...しかも、そんな貴重な来日の機会を、私が知らずに逃してしまったことがありました(後で知った)。音楽雑誌を毎月チェックしていたつもりだったのですが ...  1度逃すと次までが長い(泣)  ホーム ページにそういう情報があれば、いつも簡単にチェックできて逃さないのに。

それと、増尾さんは、特に彼がスタジオの仕事で忙しくなって以降の時期にジャズを聴き始めた 比較的新しいリスナー層には あまり知られていないように感じて、ホームページを通して もっと もっと 知ってもらうべきだ と思っていました。

あと、ディスコグラフィー。 増尾さん参加の古いアルバムを 私は少しずつ買い集めていましたが、そういうアルバムの情報が インターネットのおかげで収集しやすくなってきていたこともあって、 自分でちゃんとデータをまとめてみようと思い始めたのです。
ご存知の方も多いと思いますが、当時、渡辺貞夫さんを応援するファンサイト Sadaoclub に、貞夫さんの詳細なディスコグラフィーが公開されていました (貞夫さん関連書籍のビブリオグラフィーも同サイトにありました)。 あれは凄かった。関氏が長年に渡り買い集めた、貞夫さんのリーダー作や参加作品の貴重なコレクション。 その膨大なデータを主体に、さらに公開後にネット仲間から寄せられた補足情報も加えられたもので、 個々の録音についての曲目やクレジットはもちろんのこと、 すべての再発盤の商品コードもいちいち列記されていました。 そして昔の増尾さん参加の録音も何点か含まれていました。  私にとって、アルバム収集のための情報として多いに役だったわけで。 たぶん、それに触発されてかな? 私が増尾さんのディスコグラフィーを作ろう と思ったのは...   もちろん貞夫さん以外のジャズメンのディスコグラフィーも ネット上でいくつか目にしていました。 いろいろなミュージシャンのディスコグラフィーを見ていると、 公式サイトにあるものよりはファンが趣味で作ったもののほうが、概して 詳しいことが多いような印象を受けていました。 あの頃は、ジャズミュージシャンの公式サイトはまだ少なく、 ファンが個人的に作った私設応援サイトもネット上でけっこう目立つ存在だったような気がします。

私が増尾さんサイトを作ろうかな~と考えているそのときに、ひょっとしたら 増尾さんご自身でもすでに誰かに依頼するなどして開設の準備をされている可能性があることは、 当然意識しました。それについてお伺いすることもできたんです。 でもね~、 何も公式か非公式かを最初からはっきりさせることもないし、 増尾さんのサイトが1つだろうと2つだろうといいじゃないか と考えると、 あえて事前に相談するのがちょっとこわくもありました。 私としてはもう増尾さんのディスコグラフィーを自分で作る気になってしまってるわけだし、 作ってネットに公開していれば、そのうち増尾さんの来日ツアーなどの情報を提供してくれる人だって現れるかもしれない。 自分の手で集めたディスコグラフィー データを公開するのに、何も公式とか公認である必要はないんですよね。 だったらとにかく作っちゃえ! 私はそれまでホームページなるものを作った経験はなかったけれど、 パソコンとは長いつきあいでして、技術的なことは心配なかったのです。

最後の問題というか迷いは、自分自身の時間についてでした。 すでに仕事や家のことで十分忙しい私にとって、どこかにひどくしわ寄せがいくのではないか? 作りっぱなしではなくちゃんと続けていけるのか? ...このあたりは まぁ詳しくは書きませんけど、そういった点で2、3カ月ほどは心にブレーキがかかっていたのですが、 周囲と相談するなどして私のなかで迷いが払拭されて、よし、やるぞ、 と心に決めたのが1999年の9月に入ったばかりの頃でした。 それから準備を始めて、1カ月後の10月5日に開設することになります。(まだ続きます) → (3)へ web拍手 by FC2

増尾さんのサイトを開設するまで (1)

私は増尾好秋さんにファンとして出逢いました。初めて聴いたときからファンになって、 たまに東京で演奏されるときは必ず聴きに行くようになりました。 当時、来日のたびに大きなホールで演奏されることが続いたので (ライブハウスにも出演されたことあったけど)、 私にとってはコンサート ホールの人なんですね。 最初の頃は楽屋口で待つことも考えなかった。 そう簡単に話すことのできない、雲の上の存在であり憧れのスターでした。 増尾さんのフレンドリーな お人柄のおかげや私の好運もあって、そのうち何度か話させていただく機会に恵まれ、 顔や名前を覚えていただきました。 今ではときどき連絡をとらせていただくことがありますけど、 ミュージシャンとしても、人間としても、彼の素晴らしさは近づくほどにいっそう感じて、 今でも雲の上の存在で憧れ、という点は昔と変わりないですね。

そんな私がネットで、ほかの増尾ファンに向かって仲間に呼びかけるつもりで、 また一般の音楽ファンには宣伝するつもりで、「今度増尾さんのアルバムが出るよ~」、 とか「日本ツアーに来るよ~」なんて書くのは自分にとっては自然な流れのような 気もするのですが、それを私がやることを ご本人から了承いただいて ちゃんと情報もいただける、という現在の状況は、 やっぱり信じられないような、夢のような気持ちでもあります。
なにしろ増尾さんほどの人物には各方面のお知り合いも多いでしょうから、 私に代わって増尾さんサイトをやる人はほかにいくらでもいると思うんですね。だから、 この先ずっと私であるかどうかわかりません。 先はどう変わろうとかまわないです。 今までこうしてやらせていただけただけでも嬉しいことです。 もしも増尾さんの公式ページがほかにできたら、 自分はおそらくサイトを縮小するなどして、ファンページとしてそのあとも応援していくでしょう。

ところで、私が増尾さんのホームページを運営することになったいきさつですが、 私が勝手に作りました。勝手なので「非公式」の応援サイトでした。 開設後、ご本人に協力いただけることになって、掲載文を寄せていただくなど、 だんだん公式 っぽくなっていったわけです。
これについて、続きはまた今度... (たぶんあと1、2回続きます。 そのあいだは つまらないでしょう。 いや、もしかしてずっとつまらない? そんなこと考えたら書くこと何もなくなっちゃうな~。 増尾さんサイトに私が以前書いていた「編集室」というページを読み返していたら、 そっちの初期の頃の記事のほうがまだ内容があったような気がしてきました。トホホ…)
(2)へ

web拍手 by FC2
プロフィール

Kaco

Author:Kaco
一番好きなミュージシャンの公式ファンサイト を趣味で編集・管理しています。東京在住。音楽と無関係の仕事と雑事にいつも追われています。猫大好きですが、飼ってはいません。上のネコちゃん写真は米国PA州にあるM邸で撮影(→詳細はこの記事)。私へのメールは、当ブログのメール送信フォーム、または上記サイトの送信フォームから。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。